上手なお医者さんのかかり方

How to see a doctor

病気やケガをしたとき、上手に病院を利用することで医療費の節約にもつながります。
自分の健康に十分注意するとともに、“適正な受診”を心がけ、医療費の無駄をなくしましょう。

上手なお医者さんのかかり方

1.まずは「かかりつけ医」へ まずはかかりつけ医で受診するのが賢い方法です。軽い病気なら、診療に差はありませんし、本格的な治療が必要なら、紹介状を書いてもらえます。紹介状をもって大病院に行けば、特別料金が加算されることもありません。
2.診療時間内に
受診しましょう
休日、深夜、時間外の受診には割増料金がかかります。急病のときなどやむをえない場合を除き、なるべく診療時間内に受診するようにしましょう。
3.「明細付き領収証」をもらおう 病院に行ったら「明細付き領収証」もしくはレシートを必ずもらい、保管しておきましょう。
医療費控除に必要となるとともに、コスト意識も高まります。
4.はしご受診は
やめましょう
病気の治りが悪いと、不安にかられて多くの病院を渡り歩く人がいます。これは医療費を2、3倍にしてしまうだけでなく、検査や薬の重複でかえって病気を悪化させかねません。
また医師とのコミュニケーションをとることで、診断に役立ち、ムダな転医もなくなります。
5.ジェネリック薬品を利用してみましょう ジェネリック薬品とは、始めに開発された薬の特許が切れた後に発売される医薬品で薬価が安く設定されています。病気によってはジェネリックが処方できない場合、その先生の考えによって、処方されない場合もあるので、先生に相談してみましょう。
6.健康管理・
健康づくりを!
生活習慣病は慢性化して治りにくく、長期の治療が必要になり医療費も多くかかります。日ごろから栄養、休養、運動のバランスのとれた生活を送り、健康づくりを心掛けましょう。
PAGE TOP