Procedures
各種手続き

立て替え払いをしたとき

次のような場合、いったん本人がかかった費用を立て替え払いをした後、必要な書類をそろえて健康保険組合に申請すれば、療養費が払い戻しされます。

急病のため、保険証なしで受診したとき

旅先での急病など保険証無しで治療を受けたときや、やむを得ず保険扱いをしていない診療所にかかった場合などは、健康保険で認められている治療方法と料金に基づいて査定された額の7割相当額を払い戻します。この場合、実際にかかった費用の7割が給付されるとは限りません。
いずれにしても、療養費を請求するときは領収証が必要なため、必ずお受け取りください。

必要書類
  • 療養費支給申請書
    WORD PDF
  • 領収明細書(原本)
  • 診療明細書(原本)

コルセット等治療用装具

治療上必要だと認められて作成したコルセット・ギプス・義眼等は本人が一時代金を支払い、あとで健康保険組合から基準の費用が払い戻しされます。

必要書類
  • 療養費支給申請書
    WORD PDF
  • 装具領収明細書(原本)
  • 保険医の証明書(原本)

輸血(生血)の血液代

輸血を受けるときの血液代も立て替え払いとなり、健康保険組合から払い戻しを受けられます。

必要書類
  • 療養費支給申請書
    WORD PDF
  • 領収明細書(原本)
  • 輸血証明書(原本)

はり・きゅう・マッサージ代

保険医の承認があった場合に限って、はり・きゅう・マッサージ師の施術代も健康保険組合から基準料金の払い戻しを受けられます。

必要書類
  • 療養費支給申請書
    WORD PDF
  • 医師の施術同意書(原本)
  • 治療内容の書いてある領収証(原本)

小児弱視等の治療用眼鏡等

「小児の弱視・斜視および先天白内障術後の屈折矯正の治療用として用いる眼鏡およびコンタクトレンズ」が支給対象となります。
近視や乱視などの、単純な視力補正のための眼鏡は保険適用外です。
また、斜視の矯正等に用いるアイパッチおよびフレネル膜プリズムについては保険適用外です。
医師から眼鏡装用の指示が出たら「健康保険の対象となるか」を確認して、書類の作成をしてもらいましょう。

対象者と給付額

対象者 9歳未満の被扶養者
給付額 児童福祉法の規定に基づく補装具の種目
「弱視眼鏡(36,700円)」「コンタクトレンズ(15,400円/1枚)」× 1.06を上限とし、実際支払った金額の7割が保険給付されます(3歳未満は8割給付)。
(例)
30,000円の眼鏡を購入 30,000円 × 0.7 = 21,000円
50,000円の眼鏡を購入 38,902円(支給上限額36,700円 × 1.06)× 0.7 = 27,231円

更新について

  • 5歳未満:更新前の治療用眼鏡等の装着期間が1年以上あること
  • 5歳以上:更新前の治療用眼鏡等の装着期間が2年以上あること
必要書類
  • 療養費支給申請書
    WORD PDF
  • 治療用眼鏡を作成・購入した際の領収証または費用の額を証明する書類
    領収証(原本)に下記を記入
    ・宛名は本人(お子様)の名前
    ・「弱視治療用眼鏡代金(フレーム○円、レンズ○円)」などと、具体的な「但し書き」
    ・記載金額は、税込みの実際の購入金額
  • 療養担当に当たる保険医の治療用眼鏡等の作成指示等の写し(医師の意見書)
  • 患者の検査結果(眼鏡処方箋)(原本)
PAGE TOP